念能力とは、および基礎の四大行と応用技

スポンサーリンク

ハンター×ハンターにおける念とは、自分自身のオーラ(=生命エネルギー)を自在に操る力のこと。誰でも微弱のオーラを身に纏っているが。それをコントロールすればより強力な力を得ることができる。それがハンター×ハンターにおける、および念を利用した力「念能力」とされている。

プロハンターとしての資格とは無関係だが、プロハンターには力(生き抜くための戦闘力)も求められる。そのため念能力の取得は「プロハンター試験の裏試験」という位置づけになっている。

スポンサーリンク

四大行

念の基礎的な活用方法。

纏 テン

肉体から流れ出ている微弱のオーラを自身の周囲に留めること。

絶 ゼツ

肉体から流れ出ているオーラを完全に断つこと。

錬 レン

オーラを練り上げ通常時以上の量のオーラを生み出すこと。

発 ハツ

オーラを自在に操る技術、念能力の集大成。オーラを活用して作り上げた念による特殊技、必殺技。

強化系・放出系・変化系・操作系・具現化系・特質系に大別されるのはこの「発」。才能と能力に関係性はあるものの、発現する能力は興味とも結びついており、才能と異なる分野に興味があると苦手な能力が発現することもある。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より

応用技

周 シュウ

自分の肉体以外にもオーラをまとわせ強化する。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 15巻より

陰 イン

オーラを見えづらくする。

凝 ギョウ

肉体の一部にオーラを集中させる。目に集中させるだけが凝ではなく、一部に集中させる行為すべてが凝。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 15巻より

堅 ケン

錬で自身の肉体を防御し続ける。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 15巻より

円 エン

点と錬の応用技。オーラを自身を中心として広げ対象物を感知する。優秀な能力者ほど大きく円を広げられる・・・わけではなく、円の形状や範囲、特殊能力の付加には得手不得手がある。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 11巻より

硬 コウ

体中のオーラを一か所に集める。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 15巻より

流 リュウ

オーラをスムーズに体の部分から部分へと移動させる

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 15巻より

方便

念を習得しようとする不心得者をけむに巻くための方便。

念ではなく燃として次の4つの心得を説く。

点 テン

頭の中で目標を定める

舌 ゼツ

点で定めた目標を声に出す

錬 レン

思いを高める

発 ハツ

錬で高めた思いを行動に移す。