オーラ属性判別方法・水見式

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水見式(みずみしき)

グラスに水を入れ軽くて浮くものを浮かべ、錬(レン)を行う。その後の変化で自分のオーラの系統を判断する。

水見式によって念能力のタイプがわかる

念能力のタイプは6つ。念の持つ基礎的な力は変わらないが、「発」と呼ばれる念能力の応用スキルの傾向が6タイプに分類される。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より

その分類のうち自分がどれかを判断する選別法が水見式。

ウイングは水見式のことを「心源流に伝わる方法」と言っていたが、ポックルは「もっとも簡単で一般的な(方法)」とも表現した。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 19巻より

水見式によってわかる6つの念系統の特徴

強化系は水の量が増える

ウイングの錬はかなりのレベル。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より

ラモットも強化系。念能力を覚えたてなのでウイングほどの勢いでは水が増えない。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 19巻より

パームは珈琲で水見式。

操作系は浮かべたものが動く

ズシは意外にも操作系

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より

変化系は水の味が変わる

錬のレベルで味の変わり方が変わる。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より

放出系は水の色が変わる

水見式を行った放出系能力者は、作中では描かれていない。

具現化系は水に不純物が出現する

クラピカは水にゴミのようなものが出現した。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 9巻より

特質系はこれら以外の変化をする

水と葉がどんな変化をするのかとオーラの性質には関係性がある。特質系として皆の前で水見式を行ったときのクラピカは色が変わり、葉が動いた。その他の変化をあえて抑えたのか描かれなかったのかは不明。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER ジャンプより

オーラのまがまがしささえも変化に現れる特質系。

ネフェルピトーは葉が枯れる。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 19巻より

ツェードリニヒは水が沸き立ち悪臭を放つ。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 36巻より

 

 

スポンサーリンク
HUNTER×WORLD