念の系統

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より
スポンサーリンク
スポンサーリンク

HUNTER×HUNTERの世界における念能力の系統

強化系

ものごとの持つ力を強化することに長けた念能力を持つキャラクター

強化系
ものごとの持つ力を強化することに長けた念能力。ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると強化系は「単純一途」 ※念系統の根拠はジャンプ・コミックスとこちらの考察本(コミックでは触れられてないキャラの念能力を断定してある)から。 強化系の念...

ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると強化系は「単純一途」。ゴン・ウボォーギン・ノブナガなど。作中のキャラクターを見るとかなり当たっている。

放出系

オーラを体から離しても威力・精度を維持することに長けたキャラクター

放出系
オーラを体から離しても威力・精度を維持することに長けた念能力。ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると放出系は「短気で大雑把」。 ※念系統の根拠はジャンプ・コミックスとこちらの考察本(コミックでは触れられてないキャラの念能力を断定してあ...

ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると放出系は「短気で大雑把」。フランクリン・レオリオ・レイザーなど。センリツが意外にも放出系なので「オーラを飛ばして攻撃」か「人に影響を与える」かなど、当人の意志の持ち方によってかなり差が出そうではある。

変化系

オーラの性質を変化させることに長けたキャラクター

変化系
オーラの性質を変化させることに長けた念能力。ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると変化系は「気まぐれでウソつき」。 ※念系統の根拠はジャンプ・コミックスとこちらの考察本(コミックでは触れられてないキャラの念能力を断定してある)から。 ...

ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると変化系は「気まぐれでウソつき」。作中ではヒソカ・キルア・フェイタンなど。ヒソカの分析も結構的を得ている。

操作系

オーラを使って人や物を操ることが出来るキャラクター

操作系
オーラを使って人や物を操ることに長けた念能力。ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると操作系は「理屈屋・マイペース」。 ※念系統の根拠はジャンプ・コミックスとこちらの考察本(コミックでは触れられてないキャラの念能力を断定してある)から。...

ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると操作系は「理屈屋・マイペース」。スクワラ・ミルキ・シャルナークなど。強化系っぽいズシが操作系だったのは意外にも思えるが、念について理屈っぽい面もたしかにある。

具現化系

オーラによって目に見えるものを作り出すことに長けたキャラクター

具現化系

ヒソカのオーラ別性格判断によると「個人主義者・カリスマ性あり」

ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると具現化系は「神経質」。クラピカ・アベンガネ・コルトピなど。物体を具現化するにはひたすらイメージ修業が必要なので神経質ぐらいの洞察力があることが前提の系統かもしれない。

特質系

他の5つに当てはまらないオーラの性質を持つキャラクター

特質系
他の5系統に当てはまらないオーラの性質を持つキャラクター。ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると特質系は「個人主義者・カリスマ性あり」。 ※念系統の根拠はジャンプ・コミックスとこちらの考察本(コミックでは触れられてないキャラの念能力を...

ヒソカのオーラ別性格分析(根拠なし)によると特質系は「個人主義者・カリスマ性あり」。

作中ではメルエム・クロロ・ツェリードニヒ、絶対時間中のクラピカなど。ボスクラスの能力を持つキャラクターが多い。

 

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 7巻より

スポンサーリンク
HUNTER×WORLD