5大厄災

メビウス湖沿岸
富樫義弘 HUNTER×HUNTER 33巻より

暗黒大陸で人類が遭遇した、もしくは持ち帰った(戒めのため 案内人 に持ち帰らされた)人類滅亡級の生物や病気。

下記の5つが確認されている。

  • アイ
  • ブリオン
  • ヘルベル
  • パプ
  • ゾバエ病

この中でアイとパプは人間界での被害者が確認されている。

暗黒大陸を冒険したドン=フリークスの著書「新大陸紀行」は「東」と「西」の2冊あるが、現在「東」しか確認されておらず、「西」は執筆中という説がある。

メビウス湖沿岸の東で見つかっている、「『東』を元にした厄災」だけでもこの5つであるため、「西」および暗黒大陸奥地にさらに多くの厄災があると推測される。

メビウス湖沿岸

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 33巻より

HUNTER×WORLD
タイトルとURLをコピーしました