Hunter×Hunter 0巻【クラピカ追憶編】の概要

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

暗黒大陸編で幻影旅団の過去に絡んでくる内容を含むため、大まかな流れだけ解説

Hunter×Hunter 0巻とは

映画版の特典として配布された、単行本に含まれなかったエピソード。
とはいえ冨樫義博氏本人が書いているので、公式ストーリーであることは確実。

Hunter×Hunter 0巻の概要

クラピカ の故郷の話。クルタ族の里で暮らしているクラピカが、

  • どのような経緯を経て外の人間社会に出ていったのか
  • パイロの人物像詳細描写
  • シーラ との出会い
  • クルタ族に何が起こったのか

プラスアルファで

  • 作者への一問一答
  • 設定画集
  • 劇場版の紹介

などが掲載されている

Hunter×Hunter 0巻の流れ

クルタ族の里での暮らし

クラピカ はクルタ族のひとり。部族128人+クラピカの合計129人で人里離れた山奥を移動しながら暮らしている。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

クルタ族は興奮すると目が赤くなり身体能力が向上する特性を持つ部族。過去にはそれゆえに迫害されてきた歴史があり、そのため人間社会とは距離を置いている。

人間社会に行く=村の外に出ることは村の掟で硬く禁じられており、クラピカはそのことが非常に不満である。

シーラとの出会い

クラピカが外の世界に惹かれるようになったのは1年前のこと。村に迷い込んできた女性と出会ったことがきっかけとなった。

女性は名を シーラ といい、足を怪我して動けずにいた。クラピカとパイロはシーラに身を隠せる洞穴と食料を提供し、シーラは2人に自分の持っている本と外の世界の情報を語ってくれた。クラピカとパイロにとっては言葉が分からないので辞書を片手に外の言語を学びながらの交流だった。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

シーラは足が治りかけるとまた転んで足を痛めることを繰り返し、長い間3人の交流は続いた。

この本は ディノ・ハンター というタイトルのプロハンターの冒険活劇を書いた本。幻影旅団過去編でのシーラの愛読書であり、ハンターを目指すきっかけになった本。
ある日、シーラは足が治ったので去るという書置きを残して二人の前から姿を消す。
そのころにはクラピカとパイロは外の言葉を習得していた。

外出試験

クラピカの熱意に根負けしたクルタ族長老は外出許可試験の受験を許可する。

語学試験、一般常識試験を難なくクリアするクラピカ。

最終試験は緋の目にならずに外の世界で買い物をしてくること。その証明のために特殊な目薬を差して出発することが条件とされた。

この目薬を差すと、差してから24時間以内に緋の目になった場合そこから24時間目までずっと緋の目が続く。

外出にはパートナーと二人で行くことも条件とされ、長老は何人かの大人から選ぶようクラピカに尋ねるが、クラピカが選んだのはパイロだった。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

パイロは目と足が悪く、特に目は日ごとに悪化していっている。原因はクラピカが崖から落ちた時に助けようとした事故によるもので、パイロ自身はショックでそのときの記憶が無いらしい。クラピカはずっと責任を感じていて外の世界に出たい大きな理由のひとつに「パイロを治せる医者を探す」がある。

街での買い物試験

街のにぎやかさに興奮するクラピカとたしなめるパイロ。

パイロはお金を少しずつ貯金していて、何か買い物をしようと持ってきていた。

そこに3人組の小悪党が現れ、パイロにわざとぶつかって因縁をつけ金を巻き上げようとする。周りの人々は見て見ぬふり。注意しようとする人もいるが小悪党にすごまれてそれ以上何も言えない。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

反発するクラピカだがパイロは謝罪を提案。大きな声で謝り続けることで目立って人が集まり、居づらくなった小悪党たちは去っていく。

周りの人から助けられなかったことの謝罪をされ、小悪党は札付きのチンピラでどうしようもなかったと聞かされる。クラピカとパイロはディノ・ハンターに書かれていた「助けてくれる人たちがいる」ことを実感する。

街からの帰り道

買い物を終えて街から出ようとすると、3人の人影がある。例のチンピラたちが今度は通行料名目で金品を巻き上げようと再度現れたようだ。

パイロが携帯電話を取り出し、警察に通行料を払う必要があるか聞いてみると言って電話を掛けだす。

さらに人が集まり始めたこともあって不利を悟ったチンピラたちは去ろうとするが、その際パイロに足を掛けて転ばせ、ポンコツと侮辱の言葉を口にする。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

その言葉で自制が聞かなくなったクラピカは緋の目になり、驚異的な身体能力でチンピラを倒していく。チンピラはやらせを白状。クラピカといっしょに来る大人を怒らせろと数日前に老人から金で雇われたらしい。

その老人は姿かたちからクルタ族の長老だと察するクラピカ。パイロは携帯電話をチンピラに差し出し、挑発し怒らせるのは失敗したと伝えさせる。

だが去ろうとするクラピカたちに石を投げる人の姿が。先ほどデパート内で親切にしてくれた人々が、緋の目になったクラピカを見て偏見性を露わにするのだった。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

失意の中、帰路につくクラピカとパイロ。

緋の目になったことで試験には不合格。二度と外の世界には行けないと残念がるクラピカだったが、目薬をすりかえるというパイロの策で緋の目になったことがバレずに済むと判明。

パイロは長老たちの裏工作に気づいており、緋の目を固定する目薬をわざと落として単なる目薬とすりかえていた。

クラピカ、無期限外出許可を得て外へ

試験に合格したクラピカに長老が無期限の外出許可を与えた。どうやら異例の許可だったようだが、そこには長老の目的があった。

長老はパイロの目と足を治せる医者を探すというクラピカの目的に気づいており、本音では外の世界に出したくはないがクラピカの心情を優先して信じることにしたらしい。

クラピカ旅立ちの日、パイロに医者を連れてくることを誓うクラピカ。

パイロはそれまでに外出試験の合格を約束する。

ただ、医者を連れてくるだけではなく外の世界の冒険を心から楽しんでほしいとも伝えるパイロ。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 0巻より

クラピカは約束し、心置きなく外の世界に旅立った。

クルタ族に起こった出来事

その6週間後、クルタ族が虐殺されたニュースが全世界に報道された。

森に迷い込んだ旅の女性が虐殺された128人の村人を発見。

緋の目になるよう同胞の死を見せられながら殺されたクルタ族。そして死体のそばには流星街特有のメッセージ「我々は何ものも拒まない だから我々から何も奪うな」が残されていた。

0巻で明かされていない謎

  • シーラが治りかけた足をなんども挫いて長期滞在したのはわざとなのか?
  • 長期間人間社会から距離を置いていたクルタ族が幻影旅団に見つかったのはなぜなのか?
  • クルタ族が殺害されたのは緋の目が目的なのか?
  • クルタ族を殺害したのは幻影旅団なのか?

これらの不可解な点からさまざまな考察が行われている。シーラが幻影旅団を呼び込んでクルタ族を殺させた・先に流星街から人さらいをしたのはクルタ族だった・クルタ族虐殺は報復だった、シーラがクルタ族を一人でも助けるために愛読書を与えてまで外の世界に逃がそうとした、など。

Hunter×Hunter 0巻の入手方法

幻影旅団絡みの部分はHxH 0巻の内容が絡んでくるためぜひ見ておきたい。0巻の概要だけならこちらのページに。Amazon価格は高騰中で6000円台になっているが無料で読む方法もある

 

HUNTER×WORLD
タイトルとURLをコピーしました