ハンターハンター400話【秘匿】の流れと解説

ストーリーの大まかな流れと、行動原理や背景のわかりづらい点の解説

#400 秘匿

・フィンクスとフェイタンはエイ=イ一家アジトを目指し4層へと移動する
・何者かに蝕まれ正気を無くしている第11王子フウゲツ
・司法局に拘束中のセンリツに次々と接見者が来訪
・第5王子ツベッパとクラピカの協力関係が成立

3層通路

発信機を見ながらエイ=イのアジトを探そうとしているフィンクスとフェイタン。

ノブナガが合流し、一緒に歩いていく。

発信機を持っているのはフェイタン。4層に向かう途中、電波が弱くなった。つまりエイ=イは2層にアジトを持っているということ。

それを見たノブナガは警戒心を強める。予想以上に敵の戦略が優れており、ボス(モレナ)の能力次第では幻影旅団の難敵にさえなりえるかもしれない。

フランクリンを連れていこうと提案するノブナガ。名目としては途中でヒソカにあった場合の保険だが、本音では敵に入れ込みすぎているのでは、と勘繰るフィンクスたち。

幻影旅団の第一目的はあくまでもヒソカ。エイ=イ一家殲滅はあくまでも余興であり、マフィアの持っている上層への通路を使わせてもらう交換条件。

やりとりをしている後ろで、B・W号の船内放送が流れる。どうやら訃報があったらしい。

訃報の内容は?
明かされていないが、流れからするとモモゼ、サレサレの訃報の可能性がある。カチョウの死体が見つかったこと(脱出ポッドの中から回収されたはず)の可能性もあるがフウゲツがそれを知らない前提でカチョウたちが行動している点と矛盾する。ただしこの館内放送の時系列が先に来ているとは限らない。

第6王子タイソンの部屋

  • 記憶喪失のヒットマン マドウィッグ
  • 世界的大スターの ヒマンセ
  • タイソンの隠された弟 エンゼール
  • 伝説の家庭教師 ヒュウガ
  • ムニ―製の王子

など個性豊かなメンバーを紹介されるジュリア―ノ。ロールプレイだろうと漏らすが、それは言わないようにとタイソンに注意される。

それを見ている イズナビ 。ロールプレイではなくタイソンの念獣の能力で操っている可能性を考えている。

もしタイソンの念獣の目的が愛で、操作に悪意が無いなら、国王を操り継承戦の中止さえ可能なのではと見る。

ハルケンブルグは国王との面会で「継承戦中止が不可能」なことを知ったが、他の王子はそれを知らない。
ゆえに国王の宣言次第で継承戦を中止にできると考えている。

タイソンとの会話で、予想以上にタイソンが自分と周りの状況を見ていることに気づくイズナビ。国王に経典を見せるべく、タイソンに助言する。

カチョウの居室前

カチョウとフウゲツの親であるセイコ王妃が王立兵と悶着を起こしている。

娘のカチョウが死んだと聞かされカチョウの部屋が閉鎖されていることに不満な様子。口先では娘を心配するがゆえの行動だというが、本音ではカチョウを嫌っており利用することしか考えていない。フウゲツのことも利用価値があるとしか考えていないセイコ。

司法局

カチョウの死を知るセンリツがカチョウの姿に変わった念獣(死後の念で作られた守護霊獣)と会話中。自分の行動がカチョウを死に追いやったとショックを受ける。

だが当のカチョウはひたすらに前向きである。フウゲツを王にすべく、センリツやカイザルと協力して上位王子を排除していこうとする。

カチョウの目的は生前から変わらず、フウゲツと共に生き残ること。継承戦の勝者は1人だと言われているが、自らかが勝ち残ってフウゲツの恩赦を願い出るつもりだった。だが自分が死んだ以上、フウゲツを王にするという目的のみに集中できるようになった。

カイザルは上位王子を毒殺しようと提案するが、センリツはカイザルのリスキーな行動理由が理解できずなぜここまでしてくれるのかを問う。

カイザルはセンリツに愛の告白し君のためだと伝えるが、センリツは全く信じずカイザルのことを操作系能力者だと考える。

各々やることを確認しあったあと、部屋を出るカイザル。

シュタイナー に指令を出す。

フウゲツの部屋

フウゲツが部屋にいないことをカチョウが発見。

探している最中にフウゲツが戻ってくるが、明らかに正気を失っている。

センリツと状況共有し自分では解決できないと助けを求めるカチョウ。

センリツはカイザルに依頼してすれ違うタイミングを作らせ、自分がフウゲツを直接確認するという。

フウゲツをすれ違いざまに確認するセンリツ。目は虚ろ、後頭部には虫が舞い、水子の霊のようなものに付きまとわれていてオーラは絶並みに弱体化。

この状態異常は誰が?
いずれかの王子私設兵の攻撃の可能性もあるが、フウゲツの状態が呪いの状態説明と酷似しているため、第2王子カミーラの私設兵、元不可持民の念能力「つじつま合わせに生まれた僕ら」による呪いの可能性が最も高い。
フウゲツ担当の私設兵はモズベ。
モズベ『念系統不明』
モズベ『念系統不明』
目次 モズベ能力【つじつま合わせに生まれた僕等(ヨモツヘグイ)】 モズベ 第2王子カミーラ私設兵王子が独自の人脈で集めた兵隊。 第一王子... 第10王子カチョウを呪い殺す担当の元不可持民 能力【つじつま合わせに生まれた […]

原因がわからないセンリツ。他の王子の攻撃であり、フウゲツを人質にとった交渉がなされるのでは、と推測する。

司法局

拘束中のセンリツに面会者が次々と訪れる。

フウゲツを状態異常にさせた者が人質として交渉に来ると読むセンリツだが、誰の心音もそのような気配は奏でていない。

もし モズベ による死後の念攻撃であるならすでにモズベは死んでいるためセンリツの面会に来ることはない。交渉ではなく暗殺のみが目的の呪念。
第3王子チョウライはコインを渡し帰っていく。
このコインはチョウライの守護霊獣が1日1枚口から吐き出しているもの
第4王子ツェリードニヒ代理の私設兵隊長ヴァンタインはセンリツの意思確認だけして帰っていく。センリツが交渉というキーワードを自然な流れで口に出しても相手の心音に変化はない。
誰がフウゲツを人質に交渉を試みているのか決め手に欠けるセンリツは、至急クラピカに話を通すようカイザルに依頼する。

第14王子ワブル居室

念能力講習中のクラピカ。

ロンギの念能力開発中だが、彼はどうやら念能力者だったようだ。他者に聞かれない個室のなかで第5王子ツベッパからの要請を伝えられる。

クラピカはツベッパの協力者(パートナー)になることを承諾。

「協力者」とは単なる共闘関係を言うのか、それとも念能力にまつわるものか。ツベッパの念獣共存型の変化系。他者の協力を経て体内で薬品を生成する・・・
ツベッパ=ホイコーロ『念系統不明』『守護霊獣:変化系・共存型』
ツベッパ=ホイコーロ『念系統不明』『守護霊獣:変化系・共存型
目次 ツベッパ=ホイコーロ ???系守護霊獣 ツベッパ=ホイコーロ ???系 研究者肌のカキン第5王子 第五王子として念獣念能力により具現化された生物状のものの総...を用いた継承戦に臨む 第四王子ツェードリニヒに共闘を […]
401話以降はいままでと連載の形態がかわる模様
  • いままで・・・休載→週間連載→休載・・・
  • これから・・・週間ではない連載方式(詳細は今後発表)
2週間に1度や月1連載で継続的に連載される可能性も出てきた。

401話に続く

#399 > #400 > #401

暗黒大陸編まとめページ

暗黒大陸編メモ
※作成中 各話の解説から徐々に行います 目次 分類ストーリー各勢力重要キーワードキャラクター各話ごと解説 分類 ストーリー 各勢力 重要キーワード   キャラクター     各話ごと解説 ネ […]
HUNTER×WORLD
タイトルとURLをコピーしました