ツェリードニヒ=ホイコーロ『特質系』『守護霊獣:系統不明』

暗黒大陸編
富樫義弘 HUNTER×HUNTER 35巻より
スポンサーリンク

ツェリードニヒ=ホイコーロ 特質系能力者

暗黒大陸編、カキン国の第四王子。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 35巻より

天才肌だが、圧倒的に邪悪である。人間を解体することに何の躊躇も見せない。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 33巻より

第四王子として念獣を用いた継承戦に臨む

王位継承戦 各王子の念能力と守護霊獣一覧
登場人物が多い上にどのキャラも一癖二癖持っていて、それが念なのか守護霊獣なのか、さらに念系統の下位に型という概念まで出現し混乱を極めるハンター×ハンター。 理解のメモリを超えないように、王子と念、守護霊獣の備忘録をここに記します。随時...

クラピカのとの関係

ツェリードニヒには人体収集化の側面もあり、クラピカが探し求めている緋の目の現所有者でもある。

クラピカ『具現化系/特質系』【絶対時間(エンペラータイム)】【束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)】【癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)】【導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)】【奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)】【律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)】
クラピカ 具現化系/特質系能力者 普段は具現化系、緋の目時は特質系 通常時の念系統は「具現化系」。 緋の目状態の時だけ「特質系」になる。 激しい怒りで目の色が変わり、緋の目(ひのめ)になるのは『クルタ族』の特性。...

能力【刹那の10秒(?)】???

目を閉じて絶を行うことで近未来を予知し、絶解除後に自分だけが予知とは違う行動をとることができる。10秒先の予知は絶発動後ノータイムで行われ、その後も絶を続けた場合は現実世界と同じ時間を掛けて10秒先までの未来を見続ける。

言い換えると「10秒先までの未来を予知し、自分だけが改変できる」能力。

 

富樫義弘 HUNTER×HUNTER ジャンプより

具現化された禍々しいツェリードニヒの念獣。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER ジャンプより

守護霊獣

名称不明。いくつかの段階を経て、ターゲットを「人間ではないもの」にする。女にしか効果がないかどうかもまだ不明。

  1. ターゲットの嘘を見抜き小さな傷をつける
  2. ターゲットの傷が体を蝕み、あわせて念獣が言葉での直接の警告も行う
  3. ターゲットを人間ではないものに変換させる

※2018/10/22時点での、「サルコフ」の推測から

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 35巻より

サルコフ『念系統不明』
サルコフ ???系能力者 第四王子ツェードリニヒの私設兵。 念が使え、ツェードリニヒの念獣を視認して即座に危険性を感じ取った。 うわべのことには興味が薄そうで考えなしにも見えるが、人と事の本質を見極めることはできる男。...

 

守護霊獣の能力・第1段階。舌先から伸びた鈎爪で傷をつける。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 36巻より

守護霊獣の能力第2段階。第一段階でつけられた傷を中心として、ひきつれのようなものが顔の1/3ほどに広がる。サルコフは傷や火傷ではなく「記(しるし)」と表現したため、文様のようなものの可能性もある。

ツェリードニヒに対して嘘をつく行為をし、守護霊獣にマーキングされた「テータ」。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER ジャンプより

テータ『念系統不明』
テータ ???系能力者 第四王子ツエードリニヒ私設兵。 王子のおぞましさを強く危惧しており、忠誠心と正義感の狭間で苦悩する。 サルコフとは本音で話し合える仲 第四王子ツェーリドニヒに使える私設兵。
第4王子ツェリードニヒ一派のキャラクター
第4王子ツェリードニヒ一派のキャラクター 王子 ツェリードニヒ マフィア 私設兵

 

 

タイトルとURLをコピーしました