ザザン-【審美的転生注射(クイーンショット)】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ザザン ???系

サソリ型キメラアント。師団長。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 22巻より

ザザンの一派にはザザン含めて体が異様に固いものが多い。フィンクスが素手で倒せないゴリラカニ型、硬質なゴキブリ型、フェイタンの硬をはじく女王ザザンなど。

幻影旅団が帰ったとき、ザザン一派に侵略されつつある流星街の住人は「爆弾が効かないので対応に苦慮している」と言った。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 22巻より

その爆弾はおそらく流星街長老の能力【番の破壊者(サンアンドムーン)】で、その威力はヒソカにも大ダメージを与えるほど。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 34巻より

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 34巻より

つまり、戦闘力としては幻影旅団より格下であるザザン一派だが、防御面においてはヒソカや幻影旅団などの人類よりもはるかに上を行く種族的な性質がある可能性もある。

能力【審美的転生注射(クイーンショット)】

尻尾の毒針で刺したものを異形の姿に変えつつ、下僕にする。

ザザンが死ぬとコントロールが解けるが姿かたちは戻らない。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 22巻より

能力【???】

サソリの尻尾が切れることが引き金となり、恐竜のような姿に変形する。皮膚は非常に硬質で、フェイタンが「周」でオーラを纏わせた仕込み刀のさらに先端にオーラを集めた「硬」にしてさえ皮膚を破ることはできず刃が折れてしまった。

富樫義弘 HUNTER×HUNTER 22巻より

フェイタンの実力を見たうえで変身したため、変身後のスピードや体術はフェイタン(旅団曰く「本調子ではない」状態)を上回ると思われる。オーラを飛ばすのはあまり得意でないのかもしれず、ザザンが放出系である可能性は低そう。

 

スポンサーリンク